薬剤師 彼氏いない

薬剤師に彼氏ができないのはなぜ?

医療系の資格の中でも取得するのが大変な「薬剤師」は、男性も女性も同じくらいの比率で存在しています。同じ医療系の仕事でも、医師は男性、看護師は女性が多いですよね。しかし薬剤師はそんなことはありません。男女とも平等に働ける仕事です。

 

そんな薬剤師になるためには、相当な努力が必要です。「薬剤師=頭がいい」というのは、単なるイメージではなく事実なのです。そんな薬剤師として働く女性には、彼氏がいないことが多いです。薬剤師という立派な職業であるにも関わらず、どうして彼氏ができないのでしょうか。

 

薬剤師という職業に男性が一歩引いてしまう?

 

薬剤師の女性に彼氏ができないのは、やはり「薬剤師」という職業に男性が一歩引いてしまうことが原因だと思います。薬剤師は国家資格でもあるので、お給料も高いです。地域にもよりますが、年収600万円は下らないのではないでしょうか。今の一般サラリーマンの年収がおよそ400万円であることを考えても、薬剤師の給料はかなり高いと言えます。この「給料の高さ」が、彼氏を作るためのハードルとなってしまっているのです。男性はプライドが高いので、「自分より彼女の稼ぎのほうが良い」というのに耐えられないのです。

 

その他にも、薬剤師は理系であることから

 

  • まじめそう
  • 固そう

 

という恋愛向きではないイメージを持たれてしまうのも、彼氏ができない理由として考えられますね。上記のイメージは長所でもあるのですが、それを短所ととられてしまうのです。

 

そんな薬剤師の女性が彼氏を作るには、「薬剤師という仕事」と「自分」の両方を分かってくれる人を見つけなければなりません。そんな人身近なところにはいない!と思うのなら、出会いコミュニティーサイトを利用してオンラインのメル友や恋人を捜してみるのはいかがでしょうか。インターネット上にはたくさんの人がいますから、その分出会いの幅も広がりますよ。

 

覚えることが多すぎて合コンにも行けないという人も、出会いコミュニティーサイトのメールのやり取りならできると思います。良い職業に就いていることが彼氏を遠ざけているなんて、なんだか悲しいことです。薬剤師という立派な職業に自信を持って、自分を分かってくれる人を探すのに、ぜひインターネットの出会いコミュニティーサイトを利用してみてくださいね。