社会人 出逢い きっかけ

社会人の出逢いのきっかけとは?

社会人になってから、「出逢いが減った」と感じている人は少なくないと思います。確かに学生の頃と比べて異性との飲み会は減ったし、いつしか合コンにも誘われなくなった…なんてこともあるでしょう。もう何年も彼氏彼女がいないとなると、「このままずっと一人なのかも」と漠然とした不安を抱くこともあるかもしれませんね。社会人になって彼氏彼女ができたという人の、出逢いのきっかけは何なのでしょうか。見てみましょう。

 

一番多いのは職場

 

社会人特有の出逢いの場でもある「職場」が、やはり出逢いのきっかけとしてはもっとも多いようです。会社の同僚、上司、同じ部署の人、違う部署の人などターゲットは様々ですが、職場で恋人を見つけたという人は多いのです。同じ会社だけに関わらず、取引先の人なども恋愛対象になりますよね。他にも社会人サークルや習い事、合コンや友人の紹介なども出逢いのきっかけになりますね。

 

社会人になってから異性と出逢った人に共通しているのは、「自分で行動している」という点です。社会人サークルや習い事に参加したり、友人に紹介してもらうのも「行動」ですよね。出逢いがほしいのなら、やはり動かなければ始まらないのです。
そして何年も恋人のいない人が「やっぱり恋人が欲しいなぁ」と思うきっかけとなるのが、友人の結婚式や同窓会に出席したときだと言われています。やはり結婚して幸せそうな人を見ると、羨ましいという気持ちになるようです。

 

さて、先ほど「職場の出逢いがもっとも多い」と言いましたが、中には「職場には同性しかいない」という人もいますよね。そんな人は「出会い応援サイト」を利用してみるのもおすすめです。中には危険なサイトもありますが、恋活アプリOmiai(おみあい)のような優良なサイトなら初めてでも安心して恋人探しができると思います。「出逢いのきっかけ」は、自分で作るものです。なかなか出逢いがないなぁと嘆いている時間があるのなら、出逢いのきっかけを自分で作ってみましょう。